無料と有料ブログ
MENU

有料ブログレンタルの比較

有料ブログにはジュゲムブログやココログ、はてなダイアリーなどがあります。
広告を非表示にすることができたり、独自ドメインを設定できるものなどいろいろです。

月額数百円程度のものが多いので、ブログからある程度のアフィリエイト収益が発生しているようなら、有料ブログ化してデフォルト広告を非表示にするとよいでしょう。

有料ブログサービスの比較と一覧

独自ドメインで運用する場合、ムームードメインと有料版のジュゲムブログを組み合わせると、同じ運営会社ですので使いやすいかと思います。

また、ビジネスや公官庁で利用する際はタイプパッドがおすすめです。有名なサイトでも使用されているケースが多数見受けられます。

はてなダイアリーの場合は、もともとデフォルトでの広告は表示されませんが、有料ブログ化することでアフィリエイトやアクセス解析などが利用できるようになります。
【追記:】デフォルトでも広告が表示されるようになりました。


無料ブログと有料版のメリットは、主に広告を非表示にすることができるという点と独自ドメインへの対応という点が大きいです。
ただ、レンタルサーバーを借りる場合でも、格安なものだと百円ちょっとぐらいのものからありますので、料金的には多少高い印象もあります。

けれども、ポータルサイトからのアクセスが見込めるなどのメリットもあるので、使用目的によってはCMSを利用するよりも便利です。

有料レンタルサーバーを契約してのCMSブログ

有料ブログには格安レンタルサーバーを契約して、Movable Type や WordPress などの CMS でブログを更新する方法も人気があります。

CMSの作り方

Movable Type はデフォルトでこのようなテンプレートになっていますが、たいていはテンプレートをカスタマイズして使用されています。

WordPress はこのようなテンプレートが多いですが、たいていは自分で用意した画像などを使って作成していることが多いです。

個人で非商用の場合、CMS ツール自体は無料でダウンロードできるので、費用の方はドメイン取得費用とサーバーの契約だけで済みます。

また、機能的には微妙に違うようですが、Movable Type Open Source を利用できるレンタルサーバーなどを借りると、商用で利用するにも無料なので便利かと思います。

CMSブログ作成のレンタルサーバー比較

サーバーによっては、独自ドメインを設定せずに、契約したホスティングサービスから提供されるサブドメインでそのまま更新することもできます。

料金的には無料ブログを有料化するのとほぼ変わりませんが、サーバーの設定やCMSのテンプレートなど多少は面倒くさくなる点が多いです。

ただ、コンテンツ管理の面ではサイトの表現力や自由度が高いため、商用やビジネスブログでは、これらの CMS で構築されているケースが多いです。


また、有料ブログといった際、個人的にはサーバーに付属されているブログ機能がイメージ的にもぴったりあいます。

サーバーに付属のブログ機能

例えば、シーサーブログの有料版はありませんが、さくらのブログはほぼそれに近いニュアンスで利用できます。

上がシーサーの管理画面で下がさくらのブログの管理画面です。

機能的な面でいえば、新着記事の紹介やランキング制度など、ブログサービス内でのポータル機能はないものの、ほとんど同じように作成することができます。

また、ジュゲムの有料版にはジュゲムプロがありますが、ロリポブログの方がイメージ的にも、有料ブログのニュアンスに近いのではないかと思います。

サーバー付属のブログ機能を利用すると、CMS ツールをインストールする必要がないので気軽に更新できるかと思います。

次へ アフィリエイト可能
前へ 無料ブログ比較